ジャンクワールドでのパソコンの選び方。最低このスペックは欲しい

最低このスペックは欲しい!ジャンクワールドでのパソコンの選び方

(画像)

中古パソコンに限らず、中古でものを買うのってなかなか難しいよねー。
基本的に幅広い商品知識・・・そゆの目利きっていうのかな?そーゆーのがないと難しく感じちゃう。
だって、物がいいのか/悪いのか、値段が適切なのか/割高なのかの判断がつかないんだもん。

 

でも大丈夫!
そんなあなたに、パソコンのチョー簡単な選び方を話しちゃいます♪

 

パソコンなんて5千円で買えちゃう♪

一言でパソコンっていっても、種類はいろいろ。
大きく分けるとー・・・

 

デスクトップパソコン

(画像)

こんなの。四角い。大きくて持ち運べない。ディスプレイ・キーボード・マウスは別売り。


ノートパソコン

(画像)

こんなの。薄い。画面を閉じて持ち運べる。これだけでパソコンとして使える。


一体型パソコン

(画像)

デスクトップとノートのハイブリッド?画面やキーボードは大きいけど、本体は小さくて画面の後ろに一体化してるよ。


 

一番割安で、コストパフォーマンスが良いのが「デスクトップパソコン」だね。
5千円もあれば十分買えちゃうんだから♪

 

たとえばー・・・

 

ほら、3,960円
(画像)

 

ディスプレイ・キーボード・マウスは別売りだから、別途準備しなきゃだけどね。
ディスプレーだって安いものならー・・・

 

ほら、1,710円
(画像)

 

この2つで合計5,670円ですよ!安いよね!

 

ディスプレイ・キーボード・マウスは、手元にお古があればそれをそのまま流用できるから便利♪
3つが手元にあるなら、デスクトップパソコンだけ用意すればOKだね。チョー安くあがります。

 

安いといっても限度があるよ

安いと性能も低いから、あまりにも性能が低いと使い物にならなくなっちゃう。
自分がパソコンでなにをするかによって、求められる性能(スペック)が決まるから、最初にそれをはっきりさせよう。

 

ちなみに「とりあえず何でも動くやつ」って投げやりな回答の場合、最高性能のパソコンを選ぶしかなくなるから、中古といっても7〜10万は覚悟してね♪

 

パソコンでなにをするか

パソコンの性能を考えるうえで、大きく分けると2つに分けられるよ。

一般用途

パソコンですること全般。ほとんど人はこれ。
ネットする。メールする。音楽聴く。YouTube観る。ゲームする。ワープロする。表計算する。プレゼン資料作る。pdfファイルを読む。

 

3Dゲーム用途

3Dグラフィックスを駆使したオンラインゲームをする。
MMORPGやFPSといわれる特殊なジャンルのゲームをする場合、爆発的な性能が必要なのです。一般用途のパソコンではゲームを起動することすら出来ません。仮に起動しても、動きがカクカクすぎてゲームになりません。

 

MMORPGってのはこんな感じのゲームです。

 

FPSってのはこんな感じです。

 

こんなすごいグラフィックスのゲームをすることを一般用途とはいわない(笑)
その手のゲームがプレイできるだけの性能を持ったパソコンのことは「ゲーミングPC」と呼ばれたりします。別次元のパソコンと考えましょう。

 

一般用途で必要なスペック

一般用途であれば、ぶっちゃけジャンクワールドで売っている一番安いパソコンでOKですよ♪
ただ、安い=古い(性能低い)なので、そんなギリギリまでコスト攻めなくてもいいからある程度快適に使いたいって場合の目安を教えますね♪

 

OS(おーえす)

Windows7
Windows10

のどちらか。予算に余裕があればWindows10が無難です。

 

メモリー

2GB以上
通常2GBで十分です。あまり値段が変わらないなら、4GBの方がより快適♪

 

HDD/ハードディスク

十分な容量があるので気にしなくてOK

 

CPU

Core 2 Duo
ならおおむね快適♪
予算に余裕があればCore i3/Core i5/Core i7と、上を見たらきりがない。
逆にCeleronは性能が低い場合が多いので避けるほうが無難。

 

たとえばこんなパソコン

(画像)

 

3Dゲーム用途

やりたいゲームを確認して、必要な性能を満たすようにしよう。
たいてい、CPUはCore i7、メモリは8GB以上、みたいな感じ。
後は「グラフィックボード」(通称グラボ)といわれる映像処理専用パーツが別途必要だよ。

 

たとえばこんなパソコン

(画像)

 

利用用途をはっきりさせて自由に選ぼう

中古の利点は、同じ予算でもより性能がよいパソコンが手に入るってこと!
しかもジャンクワールドなら、中古のくせに保証までつけてるから安心して選べるのだ。

 

だから、自分の利用用途をはっきりさせて、より安く、必要十分な性能のパソコンを選んでみよう♪
 ↓
公式サイトで実際にパソコンを選んでみる